Nagano Morita, a Division of Prager Metis CPAs

NAGANO MORITAは、プレーガー メティス米国会計事務所の日系部門です。

ニュース

News
  • 税務
    税務
    バイデン政権のインフレ削減法 日系進出企業の視点から
    米国バイデン政権は、今年で4年目の節目を迎える。11月の大統領選挙では再びトランプ前大統領との
    一騎打ちになろう。ここで現バイデン政権が、米国税務上何をもたらしたかについて、
    インフレ削減法を中心として振り返り、また日系進出企業への影響についても、考察することとしたい。
    2024年5月18日
    Click
  • 会計
    会計
    新会計基準(Accounting for Credit Losses -CECL Model)
    米国新会計基準ASC 326によりCurrent Expected Credit Losses (CECL) モデルが非公開企業にも適用される。貸付金、売掛金、営業債権その他の金融資産に対する評価損の認識を、早期化することが目的になる。米国進出の日系企業は、売掛金等への貸倒引当金損失を、従来よりも早期に認識する観点から、新会計基準に基づき会計方針を改め、そうした会計方針の変更を、財務諸表上開示が求められることになる。今回は、こうした新しい会計基準の変更について、従来とは何が違い、何をしなければならないのかについて概説する。
    2024年2月9日
    Click
  • 登記・法律
    登記・法律
    FinCEN BOI (実質所有者情報)の報告義務化
    このたび、米国連邦政府は、2024年1月1日より米国企業への情報開示を強化する。FinCEN(フィンセン)米国財務省内の金融犯罪取締ネットワーク部局により、企業犯罪を防止・抑制する観点から、米国内で事業登録している企業に対して、実質所有者情報(BOI-Beneficial Ownership Information)の報告を、義務付けたのだ。報告対象となる企業は、大企業や特殊業種を除く、米国内に事業登録した企業の全てとなっている。FinCEN特設ウェブサイトにて、期限までに入力登録をしない場合、最高$10,000罰金等が科される。多くの米国進出日系企業は、これらの対応が必要となってくる。今回はその概要を説明する。
    2024年2月9日
    Click
  • 登記・法律
    登記・法律
    FinCENは、2024年に設立または登録された報告対象会社に、初回の実質的所有者情報レポートの提出を60日以上の延長期間を与える。
    FinCENは、2024年に設立または初めて登録された報告対象会社に延長を認め、これらの事業体に規制義務を理解し、遵守するための時間を与えます。
    2024年1月9日
    Click
  • 税務
    税務
    IRSは2023年の1099-K報告の延期を発表し、将来的には段階的実施を計画。
    IRSは2023年11月21日に、通知2023-74を発表し公開しました。こちらで発表内容をご覧ください。この通知は、2021年のアメリカン・レスキュー・プラン法(ARP)によって第三者支払者に課された要件について、さらなる移行期間を設けました。ARPは第三者決済組織の1099-K報告の閾値を600ドルに下げました。IRSは昨年、2022年を移行期間として扱うと発表し、今年も同様にしました。
    2024年1月9日
    Click
ニュースレター購読

会計情報などの最新ニュースをメールにてお届けいたします。

どなたでもお気軽にご登録いただけます。